シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タイトルは知っていたけど本を読んだこともないし
映画も見たことなかったので、
どんな話なのかまったく知りませんでした。

なので楽しみな理由は
キャリー・マリガンと
ジャック。

あとはバズ・ラーマンなので期待☆
という感じ。

3Dで見たのだけど
あのきらびやかで豪華で画面いっぱいにいろんなものが
ちりばめられてる画像にプラス字幕は慣れるまで目が泳いだ。
2Dの方がよかったかなぁーという思いで
見始めました。

ディカプリオが可愛い役だとは思わず
予想外に素敵でした♪

こういう話だったのかーという感想。

最後は幸せな勘違いをして死んだと思うと
ちょっと安心。
一途過ぎて切なかったから。

本のままなのかなぁー
村上春樹の訳のやつが読みたいなー。

ジャックの曲は
パーティのシーンだったけど、
短くて残念でした。
あれ?短く感じただけ??
c0075142_1325942.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-06-14 22:06 | 映画

『スノーホワイト』

小さい画面で見たので、
本来のスケール感を感じることはできなかったと思うけど、
シャーリーズ・セロンはすごかった。
美しさも迫力もあって魅せられちゃったな~

魔力で美しくなるところなんて
できあがりが本当の顔でしょ?
なんてこったい!って感じです。
もうビューティフォー!です。

で、本来の目的のクリステンはというと
うーん…

真っ白い肌を大画面で見てたら
もっと魅了されたのかしら?

いつも期待しすぎちゃうんだよな、彼女に。
それとも元々の設定のせいかしら。
なんか気持ちが盛り上がらなかったわぁ。


そうそう、幼馴染のウィリアムの顔、
どこかで見たことあると思ったら
パイレーツ4の牧師さんの人でした。
整った顔だ!
c0075142_1423237.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-05-23 08:50 | 映画

『天使の分け前』

ウィスキーの熟成過程で、年間2%のアルコールが蒸発する。
その減った分を“Angels' Share=天使の分け前”と呼ぶ。

こういうネーミングってそれだけで
「なんかいい~♪」ってなる。

ウィスキーが飲めなくても
飲みたくなるのだ!

恵まれない環境に育った青年が
子供が生れたことをきっかけに
まっとうな生活を手に入れようとするお話。

社会奉仕活動で出会った人たちが
個性豊かで面白いw
自分を応援してくれる人にも出会えて
すごくよかったんだけど、
彼が過去に傷つけた人に対してはどうしたんだろ・・・と
今日になって冷静に思い出してしまった。。

それ以外は
本当に楽しくてよかった!

貴重なウィスキーのオークションが開かれるんだけど、
そこにいる人たちすべてがウィスキーに詳しいわけじゃないのよねw

お金があるっていうだけの人に
買われる美術品やそういう貴重なお酒やらっていうのは
なんだかなーって感じです。
でもそれをユーモアで表現してくれるから好き☆

そして
メインの曲として
作中とかエンドロールでかかるのが
I' m Gonna Be(500 Miles)という曲。

すっごい聞いたことあるんだけど、
どこでだか思い出せない。

ががーん。
『妹の恋人』のオープニングでかかっているらしい。
勉強不足です。。。

でも
もっともっと聞いたことある気がするんだよなー。
一度聴いたら忘れられない。


銀座テアトルシネマの最後の作品にふさわしい、
いい作品でした!!
はぁ
また一つ好きな映画館がなくなってしまう。
c0075142_11201641.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-05-15 20:30 | 映画
予告で見て
♪ドミニクニクニク~
という楽しそうな楽曲から想像したお話とはだいぶ違っていました。

シスタースマイル(ジャニーヌ・デッケルス)は
厳しい母親の元をとびだし
修道女になった女性。
そんな彼女が作り出した「ドミニク」は
世界中で大ヒット。

周りに反発し、いつもそこから逃げ出すために
行動を起こしている人にみえた。
自分の意思は決してまげず
人を許せず、協調性がなく、プライドが高い。

こういう人って好きじゃないなーと思うけど、
そういう風にしか生きられないんだなと思うと、
息苦しくなってくる。

それでも一人じゃなかったのは
すごいことだわ!

そのまんまを認めてくれる人がいるってホント素晴らしいけど、
そのままでは先はないよね。

人にはやっぱり
許しが必要だと思う。
それはシスタースマイルだけでなく
家族や修道院の人たち
すべての人に必要なことだったと思う。
c0075142_1665960.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-05-15 16:07 | 映画
偶然にも母の日?
それともあえて母の日だったのだろうか。
わが子を殺めてしまった母たちの集まる施設のお話。

みんな苦しんでて
答えがないからもがいてて
いくらもがいても未来は見えない

死ぬしかないなとも思うし
生きてほしいとも思う

それでも愛してくれる人や気にかけてくれる人がいるなんて
なんて幸せな人だろうと思うけど、
彼女たちにとっては幸せを感じることがきっと一番の罪悪感

幸せを感じちゃいけないなら
やっぱり生きていける気がしない。

答えはでない。
答えはない。

でも、そういう女性を、母を、
これ以上増やさないようにすることは
何かできるんじゃないかと思う。
c0075142_1157370.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-05-12 15:44 | 映画

『偽りなき者』

「子供はうそをつかない」なんて
本気で思ってるんだろうか?と思ってしまったけど、
意図して言うにはありえない内容っていうところがミソ!
本人も自分がどんな酷いことをしているか気づいてないんだな、これが。

いろんなことが嘘をリアルにしてしまって
ルーカスはもう逃れられなくなってしまいました。。。

こういう時ってどうやって真実をあきらかにすることが
できるんだろうって必死に考えても、
術がなくて愕然とする。
子供が「ほんとは何もかなった」と言っても
その言葉の方が嘘だと理解する大人がいて、
あー
なんともリアル。

クララのついたウソが女っぽい理由からなのが
なんとも恐ろしかったです。

大人が子供をだっこするだけで
あんなにハラハラするとは。
はぁ
痛かったし、つらかったし、悔しかった。

そういう時に無条件で信じてくれる人が
いるっていうのは
本当にすごいこと、幸せなこと。
それだけが救いです。
c0075142_11375725.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-04-16 21:30 | 映画

『ザ・マスター』

期待していました。
今度はどんなインパクトを与えてくれるのかと。
タイトルも意味ありげで興味をそそったし、
予告も面白そうだったし、
ホフマンくんだし。
と、密かにいろいろ期待していた気がします。

ぞくぞくっとする何かを見せてくれるかと思ったのだけど、
それは特にありませんでした。

ただ息子はほんとによく似てておかしかったし、
エイミー・アダムスは期待以上で、
ホアキンの最後の選択と真似するシーンはよかったです。

ダメな人間は新興宗教にもはまらないということでしょうか。
確かに、、、
それはあると思います。
いい面がいつもいいように働くとは限らないですね。
深い。
かも。
c0075142_14255176.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-03-23 15:37 | 映画
ショーン・ペンの衝撃的なビジュアルに物悲しそうな表情に物語の切なさを想像していました。

思った以上に覇気のないショーン・ペンと対比する明るさのマクドーマンドはさすがです。

ただいろんなことを匂わせる、思わせる映画だったので、読み取り機能がない人には向かないし、アートモードでないと楽しくないかもしれません。

実際どういうことなのか結構大事なところで聞きたいところがあるし(^_^;)

ヘドウィグを思い出させる曲があったけど、あれもトーキング・ヘッズなのかな…?
[PR]
# by shiupoo | 2012-11-07 17:27