シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ベルサイユのばら』

アニメでしか見たこと無かったベルばらですが
ベルばら展に行ったことにより俄然漫画を読みたくなって
会社でつぶやいていたらお隣さんが貸してくれました。
わーい♪ありがとう☆

で、読了。
アニメではオスカルが主人公だと思っていたけど、
漫画だとアントワネット→オスカル→アントワネットの順に
主役が移っている気がしました。
なるほどなるほど、原画を見た時には違和感はなかったけど、
実際ちゃんと読んでみると
アニメはやっぱりより見やすくなっていたんだなーと思いました。

題材としても難しいと思うし
子供向けでもないのに
こんなにまで大ヒットしたのは、
なんでなんだろうか。

誰にも感情移入はできなかったけど
歴史は面白いし
(もっとここでこうしてればよかったのにぃとか無理なこと思っちゃうんだけど)
それぞれの立場の人の気持ちを理解しようとできる大人になったからこその
面白さがありました。
その分みんなの反応がコントにみえなくなかったけど、
それはそれで成り立ってるから不思議。

ジャンヌが本を出版してたのが
衝撃でしたf^^;
c0075142_1454568.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-09-26 21:46 | 漫画
町田と知ってはいても
うわー町田だーと思ってしまった。

勝手に
瑛太がヘラヘラしてる役だと思ってました。
それにしても松田くん、
上手いのか
あーいう役がとくいなのか 
すごく合ってておかしかったです。

そういえば初めてちゃんと見た気がします
松田龍平くん。

偶然にも2作品続けて
赤ちゃんが死んでしまったことが関わるお話を見たので
身近にいないけど思ってるよりは多いのかなと
悲しい気持ちになる。

映画はハッピーエンドでよかった!
c0075142_16581832.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-09-17 21:26 | 映画

『ベルサイユのばら展』

行きたい!と願っていたらチケットを貰うことができました。

漫画の原稿がたくさん並んでいて
一コマ見逃すことなくじっくり見て(読んで)きました。
アニメしか見たことしかなかったけど
違和感がなかったのは忠実にアニメになっていたということでしょうか。

宝塚のコーナー?が一角にあってその後は
アニメのセル画やキャラクターデザインが描かれたものが
展示されていました。

小さいテレビでダイジェスト(7分)が流れていましたが
7分じゃ大事なところが全部とんでしまいます。
あー全部見たい。

ここ数日はずっとオープニングとエンディングを
くちづさんでおります。

会社でその話をしていたら
お隣さんが漫画を貸してくれました!
わーいわーい\(^o^)/

あー今年の読書の秋として読み始めた
カラマーゾフが止まってしまう…。
c0075142_16254158.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-09-16 16:12 | 漫画

『水曜日のエミリア』

ナタリー・ポートマンというだけで
録ってみた。
いまいちだな~なんて思いながら見てたけど、
子供の死因を聞くシーンはやっぱり
わかっていても泣けてくる。

そしてナタリーよりも可愛かったのが
連れ子のウィリアム!

なかなか心を開かないけど
実はなついてるっていう
ありがちなパターンだけど
なんか表情とか演技が徐々に可愛く見えて
最後にはホント可愛くなってました。

そうそう
それよりも最高で
見てよかったと一番に思ったのは
ウィリアムが描いた絵。(のエミリア)

こりゃたまらんです。
ホントは誰が書いたものなのかしりたい☆
c0075142_162369.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-09-15 21:52 | 映画
2010年ヴェネツィア国際映画祭で
ギャロが男優賞をとったということで
楽しみにしていました。
いつもうるさいギャロが一言も台詞がないというのも
興味大でした。

見る前に「エッセンシャル」を調べてみました。
シャンプーしか知らないから。
「絶対必要な」「絶対不可欠な」
そんな強い意味だとは意外でした。

その強い意味どおり
力のある映画でした。
私にはきつくて辛かったけど
最後まで見てしまいました。

絶対に諦めなそうなムハンマドは
優しさに触れて弱ってしまったのかな。

そういうところはイエジーらしい気がしました。

白い馬に赤い血。
私には美しいと思える余裕はありませんでした。
c0075142_15475565.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-09-13 21:32 | 映画

『休暇』

休日と休暇はイメージが違う。
これはやっぱり休日ではなくて休暇な気がする。

40歳を過ぎた独身の刑務官が
お見合いで結婚。
ちょうど結婚式を迎える週末に
一人の死刑囚の執行が決まった。

落ちてきた死刑囚の体を支える
「支え役」をやった者には1週間の休暇が与えられる。

その休暇を使って新婚旅行へ。

刑務官を小林薫
死刑囚を西島秀俊

面白くないわけがないと思って見始めて
休暇の意味を知って重くなって
死刑のシーンにどきどきして
希望が見えてほっとした。
c0075142_1532099.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-09-12 21:19 | 映画
サラ・ポーリーが監督だし、
ミシェル・ウィリアムズだし、
セス・ローゲンだし。

結婚して5年目の
幸せだけど物足りなさを感じる
女性の話しだし。

ということで
ひかれる要素がいっぱいでした。
2,3週越しの見たい気持ちを払拭するため
重い腰をあげて見てまいりました!

見に行ってよかった!
ミシェル・ウィリアムズは
最近どこでもかしこでも
可愛いと言われてるけど、
これもすごい可愛かった☆
動きとか表情はちょっと今敵う人いないかも。
サラの指示なのか
彼女の持ち味なのかわからないけど、
すごかったなぁ。

それぞれの立場の人のセリフもうなずけるし
マーゴ(ミシェル)の葛藤とか
単純に恋愛の始まりのドキドキとか
それと現実の温度差とか
なんかいろいろリアルで
つきささる。
けど、映像も可愛くて
見ていて楽しかった♪
c0075142_10231096.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-09-04 21:49 | 映画