シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こういう邦題はなかなか覚えられない。
けど見たら、覚えられた。
なるほど。
主役の男の子がホント可愛くて
とてもせつなあたたかくなる映画でした。
c0075142_1054385.jpg

フランス人はやっぱり子供の時からおませなんだねw

悲しい映画なのに
幸せなシーンばかり思い出されるなー。
そういう人生がいいなー。
c0075142_10544834.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-07-23 22:46 | 映画
ネタバレでないと感想が書けないので
ネタバレバレで書きます。

母と息子の物語。
重い重い物語。

赤ちゃんの時から
ずっと自分になつかない子供に
愛情を注ぎ続けることができるのだろうか。

その子はなぜなつかなかったんだろうか。

不出来な子だと思っていた子供が
本当はわざとやっていると気づいた時にはどうする?

その子供の姿に気づいているのは
自分だけで旦那さんが理解してくれなかったら?


本当に弓を射るとは思わなかった。
学校ではうまく立ち回るタイプかと思ってた。
怒りの矛先は母親ではなかったの?

同級生と父親、妹を殺したのは
母親を一人にするため?
母親を独り占めするため?


本当は母親を愛していたと思うんだけど。


最後の彼のセリフはすごく生々しかった。
きっと母親と向かい合ってちゃんと発した初めての言葉だった気がする。

We need to talk about Kevin
始めはKevinの家族のWeかと思っていたけど、
見終わった後は、映画を見たみんなのWeだなと
思う作品でした。


本当はただ愛して欲しかっただけだとは
思う。
愛される自信がなかったのかも…


そうそう、
話題のKevin役の彼、15歳には見えなかった。大人に見えすぎるf^^;
でも17歳になってからの最後のセリフの彼はすごいよかったな。
c0075142_10471296.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-07-18 20:06 | 映画

『コウ企画 vol.1』

下北SHELTERにて
『コウ企画vol.1』見てきました。

hotal light hill's band
岡山健二
ティエラトムレイ
Predawn
ザ・ラヂオカセッツ
小山田壮平

即席バンドでレディオヘッドのCreepのカバーから。
(ティエラの子がベースを弾いていたんだけど
本当は寛がくる予定だったと後から発覚!)

hotal…は
壮平くんが名付け親なんだね、知らなかったー
プラス最初の曲「ホタルライト」は
壮平くんが作ったそうな…

健ちゃんバンドは
弟参加でびっくりした
けど
笑うとホントそっくり

ティエラは
2回目!
空調が寒すぎてやっとノリノリになれるーと
思ったのに2曲目からは頭クラクラするくらい
寒くなってしまって、
ちょっと意識遠くなっちゃった…
残念。。。

待ってました
predawn!
今回は彼女の生歌を一番楽しみにしてました☆
期待以上♪
可愛くて子供に見えるみわこちゃんが
ハイボール飲みながら
歌っていたのがまた微笑ましい。
やっぱりTシャツ買えばよかったかなー。

ザ・ラヂオカセッツ
なかなか温まらなかった会場が
彼らによってあたたまってきたきがしました。
曲数は一番少なかったきがするなー
なんでだろ。。

壮平くん
アコギ一本で歌っていたけど
Creepには間に合わなかった寛と
健ちゃんの登場で
「ベースマン」の途中から
andymoriアコースティックバージョン☆

アンコールはなぜかいつもの?
stand by me

みんな舞台にはあがれないよーって
思ったら
ほとんどみんな出てこなかったf^^;


さよーならー

と思っていたら
ぞろぞろ会場を出ている人がいる間に
「もう一曲やります!」ってコウくんが。

そんなことってあるの??
アンコールのアンコールには
大樹がよばれて
新旧おりまぜandymoriで
「life is party」でしたー。

予想外の締め!
計画ナシだからこそ実現したと思われる。
いいものみれました!!!
[PR]
by shiupoo | 2012-07-10 22:48 | 音楽

『ソフィーの復讐』

これまただ~いぶ前に録ったまんまにしてた
チャン・ツィイーの映画。

彼女見たさに録ったのだけど
やっぱりほんとに可愛いかった♪

彼に振られて復讐をたくらみ
相手の女性の元彼?と手を組むという話。

うん、まぁ
そうなるのは誰しもがわかってるっていう
王道の話なんだけど、
そんなことはどうでもいい、というか
むしろハッピーエンドでないとね。

見て、
かわいーって騒いで
そして忘れてゆく映画…
いや
カワイさは忘れないかも♪

どんな表情も可愛いってすばらしいな。
ずるいな
卑怯だな。

あれ褒めてたつもりが…
c0075142_11565757.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-07-08 18:03 | 映画

『ラム・ダイアリー』

ラム・ダイアリーで一番楽しみにしていたのは
素顔のジョニーでもなく
噂の真相でもなく、
フィアットに乗っているジョニーです☆

元マイカー(と言っても私の所有物ではなかったけど)の
可愛い可愛いフィアット500にジョニーが乗ってる姿なんて
見ることはないと思ってたのに。

撮影写真で見たときからの一番の楽しみでした♪
赤いオープンカーに乗っている時よりも
やっぱりよかった^^

で、映画はというと、
もっとはちゃめちゃなのかと思ってました。
ジャーナリストとしての話も
恋愛の話も
突き抜けてなかったな。
(ラスベガスをやっつけろのイメージを持ちすぎ?^^;)

ちょっと想像しすぎてたのかも。
リアルってことなのかな。

DVDが発売されたら
もっかい無になってみてみようと思う。

そうそう、
いつものことだとは思うけど、
ジョヴァンニ・リビジ、
絶対楽しんでやってたと思う^^
c0075142_11591850.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-07-06 20:31 | 映画

『UEFA EURO 2012』

初めてユーロをちゃんと見た。
4年に一度だとか、ワールドカップをも凌ぐだとか
噂を耳にはしていたけど。

サッカー好きにとっては
2年おきに大きな大会がやってくることになる。

2010年のワールドカップが終わって
次は4年後かー…なんて思ってたら、
2年目にこんな楽しい大会がありました。

ということはワールドカップまであと2年。
と短くなったはずなのに、
待ち遠しい2年後。

リーグ戦も楽しみだけど。
今年はペップがいないしな。
ちゃんと生で見れるのはリーガだけど、
プレミアも楽しみ☆
香川と宮市とシルバ。
日本人の中ににスペイン人が入ってますが
彼にもなんと日本?(もしくはアジア)の血が
入っているようで、だから親しみやすい顔してるように見えるのかしら♪

そうそう、
話はユーロです。

結局なんだかんだ
録画も合わせるとほとんどの試合を見ましたが、
どの試合も面白かったなー。

最初の大きな意外はオランダが一勝もできなかったことぐらいだったけど、
最後の最後、準決勝でイタリアがドイツに勝ったのも
かなり驚きました。
そういえばサッカーってそういうものだよねっ。

そして決勝は
スペインvsイタリアとなりました。

それまでの試合であまりいいところがなかったスペインと
スタイルを変えて楽しいサッカーで勝ちあがったイタリアでは
本当にどうなるか分からなかったです。

結果は
今大会で一番の素敵サッカーを見せたスペインと
故障者や不運に見舞われたイタリアとで
4-0という驚くものとなりました。

スペインはリーガを通して応援するようになったけど
サッカーをあまり知らなかった時に応援していたイタリアには
また別の想いもありました。

主要大会3回連続優勝
ユーロ連覇は史上初だそうです。
すごいなスペイン。

退屈だーとか
違う国に勝って欲しーとか
言われているらしいけど
あーなればこうってことが
世の常だからそれはしょうがないとして、
その中で勝ち続けたってほんとにすごい、
だから賞賛とお祝いをする☆

MVPはアンドレス・イニエスタ\(^o^)/
チームが低迷しているときでもずっとずっとよかった!!
おめでとう!!
c0075142_14352365.jpg

[PR]
by shiupoo | 2012-07-02 21:48 | サッカー