カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『コントラクト・キラー』
アキ・カウリスマキ作品。
人生を諦めた主人公は自殺未遂の末
殺し屋に自分を殺すよう頼む。
ところが
そのあと彼は恋に落ちてしまいます。
c0075142_11492547.jpg

設定だけでもとても面白い!
かといっても空気はいつものアキ作品と同じ。
でもドラマ性があってエンディングもよかった!


『シルク』
日本人の私は日本人側に寄ってストーリーを見てしまったので
最後のオチにはまったく気づかずふいうちにやられ
なんだかえらく感動してしまいました。
美紀ちゃんがなかなか重要な役をやっていたことも
知らなかったので、それもびっくり。
出番は少ないけど、すべてマイケル・ピットとのシーンだなんて
なんだか私には豪華なシーンでした。
c0075142_1153330.jpg

[PR]
by shiupoo | 2008-09-28 20:30 | 映画

『べディの小さな秘密』

可愛い女の子と問題のある青年
ときたら
私はもうイチコロです。
もうそれでいいんです。
ベティはホントに可愛かったので
赤いコートが欲しくなりました☆
ベティとイヴォンとナッツで歩いてるシーンは
理想的でした♪
c0075142_11484233.jpg

[PR]
by shiupoo | 2008-09-27 14:30 | 映画

『ROB&LOVE』

c0075142_11281078.jpg
友達がミュージカルで舞台にでる!
というのでいってきました。

小さな劇場でミュージカルは
粗も目立つことになるけど、
声の迫力も近いですね。
歌いたい病が自分の中でうずうずしてくる感じでした。

話自体はおいといて
それぞれの演技、歌の評価に重きをおいてしまいました。

お友達は小さい役ながら
存在アピールをしっかりできていたのではないかなと思います。
お客さんからのアンケートでも「気になる!」と
書かれていたとのコト。

すごいですね☆
彼女は今週末からニューヨークに4ヶ月間修行に行くそうです。

「前向きに行動する!」
これが続けられたら
何でもできる気がします。

やりたいことが
中途半端にありすぎて
ふらふら♪迷い道~な私は
いったいどうしたらよいのでしょう。。。
[PR]
by shiupoo | 2008-09-22 21:00 | ひとりごと

『マッチ工場の少女』

アキ・カウリスマキ作品
ホントにつくづくセリフがない。
でもなんでこんなに見せることができるんだろう。

この作品は他のに比べて
普通にドラマ的な展開になったのに
驚きました。

温度は低いけど冷え冷えしてない映画。
アキ・カウリスマキはいつもそうです。
ほんの少ーし温かいそんな温度をいつも感じます。
c0075142_10534476.jpg

[PR]
by shiupoo | 2008-09-21 10:18 | 映画

『高慢と偏見』

ちえぞうさんからお借りしていた「高慢と偏見」のDVD
時間が長いことからもなかなか手をつけられずにいましたが、
とりあえずDisc1をと思って見はじめました。
どうなるかは映画を見てしっているはずなのに
釘付けのままDisc2へ。
結局早朝まで見続けてしまいました!
映画のエンディングは好きですが
本編はドラマの方が見ごたえがあります!
c0075142_1248699.jpg

おまけに「ブリジット・ジョーンズの日記」を見ずにはいられなくなりました。
ブリジット~もドラマを見た後だと面白さ倍増ですね。
ブリジット~のオープニングでレニーがパジャマ姿で熱唱するとこ
やっぱ好きだな~~
[PR]
by shiupoo | 2008-09-21 04:00 | 映画
昔死んだ恋人と同じ名前の青年に出会って
気持ちが揺れる中年女性のお話。
予想外のエピソードの一つが
その昔の恋人をルイーズと友達が奪い合っていて
死んだときにはルイーズの元をさった後だったってことかな。
なんかこういうのって
純愛?の末、恋人が死んでしまって……
っていうイメージだったので、
なんだか逆に妙にリアルな感じでした。

見た結果とくに惹かれるところはありませんでしたが、
ローラ・リニーやっぱりうまいです。
けど
マーシャ・ゲイ・ハーデンの強烈さが
もっとよかったです!!
c0075142_10181293.jpg

[PR]
by shiupoo | 2008-09-20 13:32 | 映画
c0075142_2281010.jpg

ロイ・アンダーソンの長編デビュー作。
北欧版『小さな恋のメロディ』と言われてる作品で、実際1971年『小さな恋のメロディ』と同時公開だったらしい。当時の邦題は『純愛日記』。
主役の男の子はとても二枚目とは言えなく、どちらかというと面白い顔をしている。
一方女の子はとても可愛く、彼女が彼を好きになればなるほど、彼もよく見えてくるから不思議です。
日本で言うなら中学生の2人は、これまた日本で言うなら一昔前の中学校にいた不良な感じ。だからやることがいちいち生意気というか不自然なんだけど、純粋に恋愛をしてる2人を見てると微笑ましくなってくる。
かといって2人だけの物語ではなく、大人たちもいろいろ濃いキャラクターがそろっていて、彼女の父親はホントむかつくヤツだったけど、最後ロイ・アンダーソン的笑いでムカつきも吹っ飛びました☆さすが、アンダーソン。彼の笑い大好きです!!!
[PR]
by shiupoo | 2008-09-12 23:10 | 映画

『落下の王国』

コメディ?
異色ファンタジーだと思ってました。。。
どっちに転ぶか賭けな感じなのは
わかってて見に行ったけど、
いろいろ予想外で、ある意味面白かったです。
風景は綺麗だったし、衣装も綺麗だったけど、
この映画のキーワードは
『入れ歯』ですf^^;
像が海を泳ぐすがたも見たことなかったけど、
矢で打たれた人があんな風に死ぬのも見たことなかったf^^;
誰かと見に行っていろいろトークができる映画です☆
c0075142_14203880.jpg

[PR]
by shiupoo | 2008-09-09 21:17 | 映画
すごい、心に残る映画でした。
もともとはエミール・ハーシュ目当てで見に行った映画だけど、
予想以上によかったです。
ロン役のおじいちゃん、表情だけで泣かせてくれました。
すごいなー、、、じーん…

彼が目指したもの、逃げ出したかったものは
私も分かるけど、
あそこまで頑なに目的に向かって行動することはできないな。
いい人に出会えたら心がきっと揺れてしまう。

あれでよかったとは思えないけど、
満足していたんだと思いたい。

ショーン・ペンが原作を読んでほれ込んだ気持ち、
すごくよくわかりました。
c0075142_12423984.jpg

[PR]
by shiupoo | 2008-09-06 16:17 | 映画