シネマ日記


by shiupoo
カレンダー

<   2007年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0075142_1105517.jpg

落語の世界にはあまり興味を持ったことがないので、ちょっと斜に構えて読み始めました。
なのに、中盤に至る頃には続きが読みたくて読みたくて仕方なくなってました。
朝の電車で読み、お昼に読み、帰りはダッシュで電車に駆け込んで、いつも熟睡の帰り道を熟読の帰り道とするほどに一気に読みました。
そうなってもまだはまってないと思っていたのに、主人公の「三つ葉」が一門会で仲間に落語を見て笑ってもらったシーンはうるっときてしまい…はまってると認めざるを得なくなりました。
とさ。

国文太一の映画という印象が強かったからまったくもって興味なかったのだけど、うーむ、wowowでやったら見てしまうなこれは^^
[PR]
by shiupoo | 2007-08-31 10:42 |

『グラスホッパー』

c0075142_12594451.jpg

タイトルが『グラスホッパー』(バッタ)なんて(TT)
文字にするのも嫌なくらい、昆虫の中でも№1に嫌いなものがタイトルじゃぁ、読む気になれないってもんです。でもそこは伊坂幸太郎ということで、きっと面白いんだろうという期待もあり、会社の通勤文庫にあるよと教えてくれたりんりんにも感謝しつつ、読んでみることにしました。
(実は私の異常な虫嫌いを知っている人がすでに読んでいて「大丈夫だと思うよ」と言われていたことが大きいんですけど^^;)

で、結果は
やっぱり面白かった。

最近弱っているのかえぐいものが苦手なので、暴力系がダメ。で、この作品はえぐい暴力&えぐい殺人+静かな殺人etc。。。
その部分はもちろんだめだったんだけど、それ以外が好きなんだよなー。特に会話が楽しい。
いいな^^と思えるシーンがでてくるのと、ある意味ハッピーエンドなのが伊坂幸太郎の好きなところ☆
今回は「死んでるみたいに生きたくない」っていうフレーズと、槿が語った「群集相」についてが心に残りました。
「群集相」っていうのは人間で言うなら人口密度があまりにたかくなると、バッタは凶暴化するって言う話。バッタはそういう変化をみせるらしい。そして槿は人間もそうだと言っていた。
そして今朝も満員電車の中の不機嫌な人を見て「群集相」だな、と一人考えたのでした。
[PR]
by shiupoo | 2007-08-28 08:40 |

『チェコアニメ』

c0075142_10364034.jpg
なんかチェコの絵本とかアニメとか聞くと見に行きたくなる。
c0075142_10373639.jpg

今回は試写会にいけるチャンスがあったので行ってきました。
c0075142_103811.jpg

短編8本。一本寝てしまった^^;
c0075142_10383454.jpg

絵は私でも書けるんじゃ…と思うものから、可愛いのまであっていろいろなんだけど、基本的にシニカル要素満載で私にはもってこいです^^
c0075142_10384755.jpg

私でもびっくりするくらいヒドイ状況も出てきます。でも温かさを忘れないっていうか、ひどすぎて笑っちゃったりもするのがいいところなのかな?^^
c0075142_10385723.jpg
わかんなくなってきたけど^^;
c0075142_1039842.jpg

11月に「ファンタスティック!チェコアニメ映画際」がやるのでまたブラリと見に行こうかな~と思います。
c0075142_10391858.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-08-27 20:40 | 映画

『ほえる犬は噛まない』

まず最初の注意書きみたいなので、「え゛っ」と思いました。
そういう映画??(TT)
それが気になって仕方ありませんでした。
映画だから実際危害が加えられてるわけじゃないのはわかるんだけど、やっぱりダメでした。人間側のストーリーに入り込めませんでした。話の中で動物が殺されたりとかいうのは多分たくさんあるんだけど、これはメインにそういうのがかかわってくるから他の面白い部分を面白いと見れない気持ちになってしまいました。

原題は「フランダースの犬」という意味だというのでもっとほのぼのかと思ってました。
確かにカラオケで主題歌を歌うシーンもあったけど…。いいシーンもあるのだけど…。
残念です。
ペ・ドゥナは可愛かったです。
c0075142_14353026.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-08-26 13:30 | 映画

『マラノーチェ』

ガス・ヴァン・サントの長編一作目というのに惹かれて見に行きました。
まだいろいろ荒削りなところが見える中にも彼らしさがあって、個性が人に伝わるってすばらしいな~と思いました。内容としては…イマイチでした。主人公は痛いしジョニーはかっこよくないし(もちろんデップじゃありませんよ)、背景が私には理解しがたい時代、場所、なんだと思います。
俳優さんたちはみんな無名の人のようで、その後も特に出ていないようでした。
でもポスターとか、映画が放つイメージのようなものが今回もかっこよかったです。
何より、ガス・ヴァン・サントって名前かっこいいよな~☆^^☆
c0075142_11784.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-08-24 23:00 | 映画

『トランシルバニア』

アーシア・アルジェントだからイタリアが舞台かと思いきや、彼女自身もフランス人?の設定で、あれあれ???と思っている間に眠くなってしまいまいした。
なのに中盤からはとても面白く最後までいってくれたので満足です☆
いい映画でした♪
トランシルバニアという地域の歴史やロマに関してもっと知っていれば、もっとわかることが多かったのかなーと無知な自分が残念な要素でした。

楽器を演奏している人たちを引き連れて歩いている姿はちょっとうらやましくもあり、1回やってほしいな~と思いました。民族音楽っぽいけど、サントラもよかったです。1曲すごい気に入ったのがありました!あとくまの人形。ギターを持った黒いクマのお人形が可愛かった!欲しい☆
黒なのに惹かれるなんて意外だけど。
シロクマ版があったらいいけどなんか楽器は黒クマの方があってるきもするなー。
c0075142_1115399.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-08-22 20:50 | 映画
そもそもそんなに彼について詳しいわけじゃないのだけど、さすがに生の声でいろいろ聞くと私の中にあった疑問が少し解けました。
でも結局やっぱり死んで欲しくなかったなーと、そこにたどり着いてしまうわけで、どうやったらどんな人と出会っていたら死なずに済んだのかなーとか無理なこと考え始めちゃいます。
同じ時代に生まれて興味を持った人には一度は会っておかないとな!と、また改めて思うわけです。ヒロトも前にそんなこと言ってたな、それはビートルズが例えにあがってたきがするけど。
私にはカートに会えた確率は会ったけど、ベートーベンには絶対に会えないとかそういう意味の話。
飛躍しすぎか^^

2時間足らずじゃたりないな。25時間分のテープ全部聞いてみたいです。
ホントは話してみたいけど、英語ができないとか相手が有名人とかすごい大きな壁の前に、絶対に越えられない壁の向こうに彼は行ってしまったから無理なんだよね。
死んじゃうのはなしだよ、絶対。
c0075142_10293763.jpg


そして姉が引越したワシントン州にカートはいたんだなーと思い、また一人感慨深くなるのでした。行くのがますます楽しみです。
[PR]
by shiupoo | 2007-08-18 16:00 | 映画
面白かったー^^
DVDにやいてみんなに配ってあげたいくらいです!
最初は目的のサム・ロックウェルがかっこいい(*^^*)ということだけで満足だったのですが、
なんかこまごまと面白いかもと思っていました。なんの予備知識もなかったので。
気がつけばいろいろ面白いこと満載で、ビル・ナイが出てきてからはわくわくし通しでした♪
アレに乗りたい☆☆
くだらないSFという思いをぶっとばしてくれた感じでしたね!
くだらなさももちろん満載ですけど^^

元は1978年にBBCでやっていたラジオドラマが翌年小説になってベストセラーになったものらしいです。そういうのに興味がある人にはかなり有名のようですね。まったく知らなかった!
小説は3作の正編に続編2作と短編1作まであるらしい。これは正編の第一作目。そういえばこの映画の最後が正編の2作目のタイトルである『宇宙の果てのレストラン』に向かうとこで終わってた!!
作るのかな~楽しみだな~~☆

あとマーヴィンが気になる^^
c0075142_1013199.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-08-16 21:00 | 映画

『THE FRATELLIS ライブ』

2度目とはいえ、3人そろったのを見るのは聞くのは初めてで、いきごんで2列目を陣取っていたら案の定大変なことになりました。
でも踊る!!(実際には跳ねるですが)と決めていたのでがんばることにしました!とりあえず。
久々のLIVE感満載の始まりで、体力も持つかも!なんて思っていたのも束の間…。
4曲目くらいでちょっと後ろに追いやられたとたん周りの人の圧迫に息苦しくなりジャンプしながらバック!!
周りの人に不思議そうに見られながら、なおかつジャンプしながらバック!!
ちょっとましなところまで下がってそこで踊ることにしました^^
前は二人だったから短かったのかと思ったら今度も1:30ないくらいで短め。
曲がないのかなー…
新曲を3曲やってくれましたがどれもよかったです!
特に『Tell me a lie』
♪あ~~あ あ~ああ~あ~
というフレーズが抜けません。
c0075142_1153691.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-08-13 20:30 | 音楽

『最近気になったこと』

兄が電話で
『スタンド・バイ・ミー』って知ってる?と聞いてきて、あれに出てた人でクスリでおかしくなっちゃった人って何て人かわかる?

この質問に突っ込みたいことは山盛りだくさんあるのだけれど
『リバー・フェニックス』と大人な私は答えてあげました。突っ込んだところで満足しないのが目に見えたので…
そしたら
「りば・ふぇにっくす」?
とな。
「りばぁ・ふぇにっくす」と教えるとありがとーと電話を切られました。
なんでリバーのことを聞いてきたのかが知りたい!!

で、なんとなくリバーのことを考えていて
リバーが亡くなる前、その年の始に新しくできたお友達2人ともリバーが好きで、亡くなったというニュースを知ったとき3人で大打撃を受けてたなーなんて思いました。初めて外人でホントにかっこいいと思った人だったので、どんどん遡って中学生の頃まで記憶が戻ってしまい、『スタンド・バイ・ミー』を初めて見たときにちょっとトリップしてしましました。
理想の人がいた!って感じでしたね、役的にも。高校生の頃は机に名前を彫ってたな~とか思い出して、私の記憶には別の人(日本人)の大ファンだった記憶の方が鮮やかだったけど、意外と地味に長く好きだったんだなーなんて思い出してきました。
自分で応募して初めて当たって行った試写会が『マイ・プライベート・アイダホ』だったなーとか。
で、
アメリカにいる姉が東海岸から西海岸へお引越しをしたので、
彼のなくなった場所、『ヴァイパールーム』に近づいたっ!とか思ったのでした。
近いと行ってもふらりいける距離ではないので、いつか行けたらいいなーと思います。
泣いてしまうかなーなんて想像しました。
c0075142_1519252.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-08-09 22:00 | ひとりごと