シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『やさしい嘘』

c0075142_15482284.jpg

冒頭シーンから愛らしい。
喫茶店でケーキを選んで食べるおばぁちゃん。
娘が横からフォークでつつくのを無言で訴える姿が可愛らしい。
そんなおばぁちゃんはケンカの耐えない娘のマリーナと仲裁役の孫娘のアダと3人で暮らしている。一番の楽しみはフランスにいる息子オタールからの手紙と電話。
そんなある日鳴った電話はオタールが死んだというしらせだった。

違う意味で夢の世界だなーと思う。
貧しくて生きるのに精一杯なのに、素敵に見える人たち。
現実の世界で自分がつらいとき、とても周りから素敵に見られてるとは思えないから。

しかもこのお話はすごく前向きだったので、後味もよかったです☆
[PR]
by shiupoo | 2007-01-31 16:12 | 映画
c0075142_16461282.jpg

全然知りませんでした。
昨年11/20に他界していたなんて。
新作があるのを知ったときは、まだ元気なのね~なんて
普通に思ってました。

俳優をたくさん覚えた時期も、監督にはどうしてもうとい私が憶えた数少ない監督の内の一人です。
いろんなタイプの作品を作るおもしろいおじいちゃん。私が知ったときはもうそんなイメージでした。

まだまだ見てない作品ばかりで、私に楽しみを残してくれているので
おいおい見ていきたいと思います。

さよーならーアルトマンさん。
[PR]
by shiupoo | 2007-01-29 16:46 | ひとりごと
『トランスアメリカ』
c0075142_1621788.jpg

性同一性障害の男の人が、手術を受ける一週間前自分に息子がいると知ってしまったところから始まる話。
友人に「この問題が解決するまでは、(手術の)同意書にサインできない」と言われ紐育に会いに行く。

性同一性障害の男の人を演じているのが、『デスパレートな妻たち』でリネット役のフェリシティ・ハフマン。
ちょうど、『デスパレート~』を見ている真っ只中だったのに気づかず、でもずーっと、この人すごい知ってる…、この顔最近めちゃめちゃ見てる…と思ってました^^;
リネットの役を見ていても思い切りのよさを感じるけど、女になりたい「男」を演じるのはなかなか大変なんじゃないかと思いました。女優さんってすごいっ!!

で、私はそれよりも息子役の子が気になって気になって^^
ケヴィン・ゼガーズ。
金髪にしたのはいただけなかったけど、かなり魅力的な子でした☆

『キンキーブーツ』
c0075142_16211868.jpg

3代続いた靴工場。
突然なくなった父親の変わりに4代目として社長になったチャーリーは、実は工場が倒産寸前たっだことを知る。
優柔不断で何もできない彼は従業員を解雇するしかできなかった。
そんなある日、ふとしたきっかけでドラッグクイーンのローラとの出会い、ドラッグクイーン専用のブーツ「キンキーブーツ」で工場再生を試みる。

田舎町の工場の人たちの雰囲気がよかったけど、なんでかイギリス女優はやっぱり可愛くない。ハリウッドに進出している人たちは綺麗だけど、“おしいっ”って感じでちょっと何かが変なんだよ。この映画の子も一人は下膨れで受け口…。それでいて綺麗そうな役どころ。。。納得いかん!!そういうのが気になるので、イギリス映画は大好きまでが遠めかも。
好きになりたい話っぽかったのにぃぃぃ。

キーポイントは「What can I do!」
そしてこの映画はbased on a true storyだそうです。
[PR]
by shiupoo | 2007-01-23 16:21 | 映画
c0075142_15183177.jpg

最近本をよく借りる。
それがミステリーと村上春樹。

本といえばアガサ・クリスティ馬鹿で
それしかもってないに等しい。
他にも少しは持っているけど、
でも…
『世界の中心で愛を叫ぶ』とか、
買ったのはいいけど、その後あまりに売れすぎて
今では棚に隠れてる。
早いうちに図書館へ寄付してしまえばよかった…

で、借りて読んだのが
『フォー・ディア・ライフ』柴田よしき
『紫蘭の花嫁』乃南 アサ
『百舌の叫ぶ夜』・『しのびよる月』逢坂剛
今のとここんな感じ。

作家なんて全然しらなくて、
洋書ならクリスティ
和書なら岡嶋二人(&井上夢人)だったから
いろんな人を読めるのは楽しい。
まだ語るにはいたらないけど、
個性がそれぞれあるので、そのうち好き嫌いもでてくるかな。
そして小説って意外と続いてるものが多いのね。

で、
今度は村上春樹。
『羊をめぐる冒険』を読んで、
私がこれを好きだと思えるのは今だからだ。と思った。
若くしてこれを好きだと思える人は、
きっと本当に心が豊かでいろんなことを受け入れられる人か
人と同じがとにかく嫌いな人か、もしくはすごく変わった考えの持ち主な気がした。
今は続編の『ダンスダンスダンス』を読んでいます。
c0075142_15125197.jpg


そうだ。
書いてて思い出した。
ドストエフスキーの『地下室の手記』とか
太宰治の『人間失格』を読んで
「あーーー、わかるなー……」(TT)なんて思うことが多々あったなー。
自分は病んでいると思っている人にお勧めします。
健全な人は通らなくていい道だな。うん。
c0075142_15163044.jpg

[PR]
by shiupoo | 2007-01-19 15:18 |
今更ですが、いちおのご挨拶。
年始だけ異常に忙しい職場なもので、
もう一月の半分は終わってしまいましたね。

去年の12月から
ばたばた過ごしておりました。

年末に見た作品のコメントもできず残念でした。
ちなみに
「親密すぎるうちあけ話」と「プルートで朝食を」を
一年がんばったご褒美として仕事の最終日に見てきました。
年始は「ソウ2」から始まりましたが、つまらなくって
これまた残念でした。

今年の目標は『がんばらないっ!』なので
今月の繁忙状態がおさまれば、のんびり過ごす予定です。

今年もいつもと同じように
健康第一が目標です☆

今年も皆様どうぞよろしく♪
[PR]
by shiupoo | 2007-01-15 15:31 | ひとりごと