シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0075142_1554434.jpg

イブの日に『敬愛なるベートーベン』を見ました。
クリスマスとベートーベンなんて別に関係ないんだけど、
聖夜とクラシックってあってるな~なんて思いました。

実際見てみると、ベートーベンの台詞に「神」が何回も出てきたので
遠からず…と思えました。

第九だと日本は年末だからね。

エド・ハリスが好きなので、
前半のベートーベンは可愛らしく思えました。
ダイアン・クルーガーはホワイト・ライズのときも可愛かったけど、
あの時代の装いも似合っていて、綺麗だったー。
あーいう格好がしたくなりました。
今かぶってたらかなり注目な帽子だけど、
かぶりたい^^;

さてさて、第九の演奏シーンは鳥肌ものでした。
演奏だけの時間をまったくもって退屈させない
それどころか、歌が始まった時は気持ちがぶわぁーってなりました。
子供のような表現ですいません(TT)

泣けるシーンもあったのですが、
この前も泣いたし涙もろくなったのかとこらえてしまいました。
泣いてしまえばよかったです。
[PR]
by shiupoo | 2006-12-24 13:35 | 映画

『ease』

お友達と忘年会をしました。
表参道にある『ease』というお店。
フレンチブルが2匹いる犬好きにはたまらないカフェです。
お客さんはほぼ常連さんという感じで、
「おもち~!コロスケ!」と入ってくると同時に
ブル2匹とまずじゃれます。

私が感動したのは
料理!
本場のイタリアンというようなレストランへ行って食べるより
よっぽど本格的なアルデンテ、そして日本人好みの味!
食べた料理は全部美味しく、いつもよりかなりの量を食べましたっ!!
通ったら太っちゃいそうなくらいですが、
また食べに行きたいです。

プロジェクターがあってテレビとか映画を流していたんだけど
「パイレーツ~」が始まって、これまたなんという素敵なセンス(^^)

お客さんはみんな可愛く、おしゃれで、常連で…
と、慣れるまでいごこちが悪い可能性もありますが、
素敵なお店でしたっ♪
c0075142_12441030.jpg

         ↑これは「おもち」くん
[PR]
by shiupoo | 2006-12-21 12:44 | ひとりごと

『手紙』

チケットをもらったので久しぶりに邦画をみました。

弟のことを思い犯罪にはしった兄
そんな兄の存在がだんだんうとましくなる弟

その二人が手紙を通して変わっていくお話。


泣きましたー。
弟の会社の会長?社長?が
兄について話したところから最後の方まで
何度も泣きました。

ほんとはつっこみどころも満載だし、
今心に残ってるかというとそれも違うんだけど、
疲れた体と、久しく泣いてない欲求とがちょーどよく
爆発した感じで、かなりすっきりして帰り道は気分爽快でした。

きっとそういう風な映画ではなく普通に感動なタイプなんだろうと思いますが…。


いやっ、とにかく
見方はいろいろ。
映画って本当にいいなぁ~とまた思いました。

c0075142_12513618.jpg

          お友達一押しの玉山くんの演技です!
[PR]
by shiupoo | 2006-12-20 10:26 | 映画

『Syrup16g』

c0075142_15174424.jpg

2度目のシロップライブです!
今回はかなり前にいけたので、おー、顔が見れるよーと思っていたら、見事もみくちゃにされました(TT)
なんとか最後のほうは抜け出して、「ここからは前に飛び出さない人たちゾーン」の一番前でなかなか快適にみれました。
その場所で2度目のアンコールの「リアル」を聞けたので最後の最後が楽しかったです。
五十嵐が、こぶしを握り締めて「♪り・あ・る」と赤いスポットライト浴びて歌ったときは、その日最初で最後の雄叫びをあげてました☆

さて、そんなシロップよりもある意味強烈な印象を残してくれたが、前座の2バンドでした。
「Good Dog Happy Man」
珍しい、ツインドラムバンド。ボーカルはバンプっぽかったです。みんな白いシャツを着ていて、ベースはゴスペラーズの人に似ていて、ドラムの一人はさらさらおかっぱ頭に黒縁メガネ、そして一人だけ笑顔で元気いっぱいでした。そんな統一性のなさを感じたバンドです。でも仲はよさそう。ボーカルは話し出すと天然系で笑いを誘っていました。
「Paper Bag Lunchbox」
さて、問題はこっちのバンド。絶対にナルシストになっちゃいけないタイプの顔をしているのに、ナルシストなボーカル。なんども唇をなめ笑顔になったり、辛辣そうな表情をしたりしながらくねくねして歌っていました。(私にはちょっとホモオダホモオに見えていました。)
その姿を見て笑ってる子も発見。気にせず陶酔するボーカル。曲は、メロディーが綺麗で声も女っぽくって、きっとCDで聞いたらいい曲がありそう。メッセージ性も強いそうな雰囲気。リピートする歌詞が多かった気がする。ドラムが女の子で注目されそうなのに、そんなことを蹴散らすボーカル。あとはもう一人動きがナルシストっぽいキーボードのスリーピースバンドでした。
[PR]
by shiupoo | 2006-12-11 15:17 | 音楽

『ジェイミー・カラム』

c0075142_1618642.jpg

カワイイ~☆☆☆
と、出てきたときに思わず言ってました。

水色のシャツに黒いネクタイ、ベストにジャケット。
穴の空いたジーンズに、ベルベット地のワインレッドのスニーカー。
髪はくせ毛風もしゃもしゃ頭。
右手の薬指にシルバーリングをして、左腕にはこの前とは違う時計をしていました。

そのスタイルが完璧に似合っていてほんとに可愛かったです(^^)

いやー、そして歌いだしたらあのハスキーボイスですから、
ほんとにたまりません。

見たいけど、歌いあげてるときは目をつむって耳をすませたい衝動にかられます。

そしてハーモニカで登場したアメリカで出会ったという彼とのセッションでやった曲が最高にかっこよく、何の曲だか知りたい!!
お友達いわく、『ムーラン・ルージュ』の中の曲じゃない?ということだったので、ちょっと調べてみようと思います。

今回は客席に下りてこず、逆に会場から3人の女性が舞台にあがりました。
そして曲に合わせて踊った後、なんとジェイミーは彼女達にハグし、ほっぺにちゅーーーーって、ちゅーーーーーーーって、両頬にキスをしました。
ぎやぁ~~~~~~~~~~~~。
ずるいじゃないのよっ。

しかもみんなに携帯を出してそれを高く上げてジャンプしろ~~なんて言っちゃって、珍しくスカートなんてはいてたもんだから、携帯もっていかずでさ、写真撮り放題だったじゃないのよ…。
髪の伸びたカワイイ写真載せたかったぁー!

そんなこんなあり、
ベースの人の弾く姿がオカマにしか見えず、上記のハーモニカの人の動きが、限りなく変だったりもしたのだけど、とにかく楽しかったです。

そしてそして、ちょっとばかし出待ちをしてみました。
そしてジェイミーらしき人物がなにやらサッカーのような感じで遊んでいるのを発見!
名前を叫ぼうと、駆け出してしまおうと気持ちは行く気満々でしたが、
一緒にいた見知らぬ人にとめられ断念。
そしてジェイミーは車に乗って私達の目の前を窓も開けず通り過ぎて行ってしまいました(TT)

反省点が多かったわー。


あの見知らぬ人のバカっ。
[PR]
by shiupoo | 2006-12-07 16:18 | 音楽

Foo Fighters

c0075142_1024051.jpg

いぇ~~~~~~~~い!
初、Foo Fighters LIVE!
初、武道館最前列!

実際あぶなかったー、最前列へ行けるチケットを手にしながら、
ビッグチャンスをのがすところでした。
いや~、団体心理や人の波は恐ろしい~。

ほぼ定刻どおりに現れていよいよ目の前に、デイヴ・グロール!!!
雑誌とかテレビとかで見たまんまのチャーミングな人で、
微妙な表情を見て取れる分、楽しさ倍増でした。

曲もかっこよく、だいたい知っている曲だったけど
彼はみんなに一緒に歌わせるのが好きらしく、
何度もみんなに歌えと言っていた。
なのに私は歌詞がわからず、その場で聞いてまねしたりしながら、
なんとかついていこうとしつつ、一番前で歌えないことに申し訳なさを感じたり、でも楽しまなきゃと思って、ひたすらのってみたり、デイヴの声に耳をすましてみたりしてました。

最後に関係者が撒いたクリスのピックをゲットしましたが、
デイヴのはなぜなげてくれなかったのー。

ライヴ後に出会った大ファンの男の子が
「世界でいっちばん好きなんすよー」と
感情たっぷりに言っていたのがまたまたほほえましく、
ますますいいバンドなんだなーと思わされました。


その後…
この日記アップして思いました。
彼らの写真が載っただけで、このページに生命力が出たと思いません?
c0075142_13354221.jpg

[PR]
by shiupoo | 2006-12-05 10:35 | 音楽