シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『コープス・ブライド』

c0075142_2054123.jpg

ジョニー・デップ初声優作品。ということで、やっぱり声が気になってしまって、少し集中できなかった気もしますが、カワイイ作品でした。
ミュージカル風?というほどじゃないけど、キャラクター達が歌うシーンが意外と多かったです。
コープス・ブライドがなんで死んだかっていう話の歌がよかったのと、ビクター(ジョニー・デップ)とコープス・ブライドがピアノを弾くシーンがあるんだけど(上に貼付けた画像のシーンです)、ここが好きです。
それからビクトリアのエミリー・ワトソンがすごくあってた気がします。ハスキーでいい声だからかな〜。今思えば、ビクトリアの顔からハスキーの声って想像出来ないけど、すごくあってた気がするのはエミリー・ワトソンの演技力なのか??
「チャーリー〜」が6週連続第一位ということですが、「コープス〜」はがらがらだったなー…。
上映時間77分です。ちょっと暇ができたら見に行ってみてはどうでしょう。。。

今(10/27)TOHO CINEMASのHPへいったら、一位「コープス〜」でした。
府中だからすいてたのかしら。
[PR]
by shiupoo | 2005-10-26 21:08 | 映画

『リトル★ニッキー』

c0075142_191264.jpg
c0075142_192847.jpg
c0075142_18541638.jpg











アダム・サンドラーが出てる事しか知らないでみたら、ちょー豪華出演者でびっくりしました!
お父さんにハーヴェイ・カイテルお母さんにリース・ウィザスプーンお兄さんにリス・エヴァンス恋人にバトリシア・アークエットときたのでただのコメディーではないのねという気になりました。
まぁ普通にコメディーだんですけど。
落ちがアメリカ人むけだったので、それを理解できないと楽しさ半減なきがしました。
[PR]
by shiupoo | 2005-10-17 18:49 | 映画

『アレグリア2』

c0075142_22402522.jpg

偶然にチケットを手にする事ができたので、予想もしてなかったアレグリアへ行ってきました。
あの♪アレグリア〜というフレーズしか予備知識はありません。そしてサーカスなんていったい何年ぶりなのか、久々にわくわくしました。
予想以上に爽快で、予想以上に楽しかったです。
すっきり爽快な時間をホント久しぶりに過ごした気がします。(最近ちょっとストレスたまり気味だったため、より感じたのかも)
絶対に無理だけど、自分もやりたくなる衝動を最後の拍手に込めてきました。
そしたらホントに手が痛くなりました。
今すごくトランポリンがやりたいです。。。
[PR]
by shiupoo | 2005-10-15 22:37 | ひとりごと

『シン・シティ』

c0075142_2335377.jpg
派手に爽快な映画が観たくて、ちょうどいいかと『シン・シティ』です。
勉強不足でした。かなりエグイシーンが盛りだくさんです。
漫画に忠実な感じでなんですかね。その分リアルではないから、映画館をでたかった「キル・ビルvol.1」よりはましでした。
ミッキー・ロークとベニチオ・デル・トロは別人のようでしたよ。いろいろ粗も見えまして、私の世界とは違うなという感じですかね。
あー、意外と平気かと思いきや、イライジャ・ウッドの姿が頭にやきついています。
見た人とちょっと話したいなー…。
[PR]
by shiupoo | 2005-10-12 23:15 | 映画

『サーティーン』

c0075142_2321341.jpg

ホリー・ハンターとエヴァン・レイチェル・ウッドが親子で共演!なんてだけで私には大満足でした。
映画自体は実話をもとにしているからか、すごくドキュメントっぽかったです。こんな奇麗な親子はありえないけど。思春期の頃の問題もりだくさんで、痛々しい部分もありました。ちょうど最近12歳の女の子が飛び降り自殺をしたニュースを見たので、余計リアルでした。
そしてそんなニュースにあまり驚かなくなった自分もいますね。感覚がおかしくなっている気がします…。
楽しく生きていきたいなー。
[PR]
by shiupoo | 2005-10-10 23:00 | 映画

プラート

c0075142_20391238.jpg
プラート美術の至宝展
—フィレンツェに挑戦した都市の物語—
イタリアの街プラートの美術展というだけで気にかけていたら、10/1は無料!となっていたのでくいついてみましたっ。
おじちゃんおばちゃんが多くて(覚悟はしてたけど)最初見づらいと思っていたのだけど、途中からはしっかり紛れてました。
プラートの美術品にイタリアの歴史が絡まってそれはそれで面白かったのですが、最後に常備展としてゴッホとゴーギャンとセザンヌの絵が一枚ずつあったのが、またお得な感じでした。ゴッホはひまわりです。三人の歴史が並んで年表になっていて、ゴッホのあまりの不幸さに笑いすらこみあげてきました。
生きてる間不幸ばかりで自殺して、死んでからこんなに有名になるっていったいなんなんだろうとちょっと考えてしまいますね。
c0075142_2048521.jpg
[PR]
by shiupoo | 2005-10-01 20:37 | ひとりごと