カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本vsバーレーン

c0075142_1610816.jpg
 関係ないけど、昔はバーレーンじゃなくてバハレーンだった気がする。辞書をみたら最後にバハレーンと書いてあった。記憶は正しかった。
 やった!よかった!勝ちました。
 オウンゴールというちょっと煮え切らない結末ではありましたが。ただあのいれてしまったサルミーンという人がかわいそうで、日本自ら一点、そしてサルミーンに一点きめさせてあげたかった。あれがなくても負けてたよ、ってな具合にさ。
 勝負の世界は厳しいのでこんなこと言ってられないんだけど。あまあまちゃんの私はそうなればいいのにと思って後半残り15分を過ごしました。
 まっ結果はそうだったわけだけど、三都主がよかった。守備も攻めもあーいうテンションの人が一人いると全体がかわってくる。一緒に見てた人が、「日本vsバーレーンvs三都主みたいだね」っていうくらい、攻めては守って大忙しにがんばって動いてました。あーいう人は見がいがある!仲間だけじゃなくこっちのテンションもあげてくれた。
いいぞ!三都主!!
[PR]
by shiupoo | 2005-03-30 16:08 | サッカー

お仕事

c0075142_16552124.jpg
今日がお仕事最終日。いつもはもっと開放感があるのに今日はそうでもなかった。残念。一番幸せを感じる時なのに…。次が決まってないからか?
 職探しで家にこもっている。これじゃ今みたい映画が終わってしまう!
外へ出なければ、出なければ…。
[PR]
by shiupoo | 2005-03-28 16:43 | ひとりごと

『スパイダーマン2』

c0075142_2355293.jpg

 あ〜やっぱり自由に飛べるのは気持ちが良さそうだ。1も2も一番の感想はそこかな。そんでもってキルスティン・ダンストが1より普通に見れた。というより何度も彼女を見ていくうちに慣れたのかもしれないけど…。
 こんなにあっさり?正体がばれるのも面白いなと思ったよ。もっと面白かったのは変形していくトビーの顔だったけど。一体誰?というくらい違う顔があったなー。電車のシーンなんて違う人だったし。3はジェームズ・フランコがどうなってしまうのかしらん。『サイドウェイ』のトーマス・ヘイデン・チャーチが悪役ででてくるらしい。うん、似合いそう!
[PR]
by shiupoo | 2005-03-27 23:16 | 映画

『日本vsイラン』

c0075142_1619619.jpg
 あたしは結構疫病神である。スポーツは負ける事が多いし仕事は暇なことが多い。というわけで見てごめんなさい。負けちゃったね。そのあげく、もし自分がもう一人いたら絶対一緒にスポーツ観戦はしないだろうと思う。とにかくうるさい。じっとは見てられないしだまっては見てられない。なので同点ゴールは決めたときは興奮してました。あっという間に撃沈してしまっておとなしくなったけど…。勝った試合が見たいなー。次は30日だ!ホームだし勝って欲しいな〜。
[PR]
by shiupoo | 2005-03-25 16:13 | サッカー

『ブラウン・バニー』

c0075142_15401238.jpg
 ギャロの映画の中のギャロは、本人として見てしまう。役名はいったいなんだったけな?
 最後までたどり着いて、あーこういうことが言いたかったのかーとは思ったんだけど、問題のシーンは必要だったのかな。もっと違う描き方のを私は見たかった。
 クロエ・セヴィニー……すごいなー。
[PR]
by shiupoo | 2005-03-23 15:38 | 映画

『アドルフの画集』

c0075142_1532843.jpg
 アドルフ・ヒトラーがまだ独裁者になる前のお話。絵を描いていたアドルフがどうやって独裁者になっていったのか…。とはいえ、「ある一つの出来事で変わってしまった。」なんて出来上がった話とは違う。だからある意味盛り上がりにはかけるかもしれない。でも歴史を知っている私たちはきっと、ここでこうしなければ…、とかもっとこうなっていれば…とか考えてしまうだろう。
 この映画が上映されたときヒトラーの作品で展示会が予定されていたらしい。ただ、彼を肯定する事になるとかなんとかで、中止になったらしい。でも私はやっぱり見てみたいと思ってしまう。
 余談ですが、ずーっと前にお台場のジョイポリスで占いの館みたいのに入った時、あなたに似ている有名人とやらが書いてあった。そこに『アドルフ・ヒトラー』と書いてあったことだけは、きっと一生忘れない…。
[PR]
by shiupoo | 2005-03-19 15:32 | 映画
c0075142_14514988.jpg
  ヒュー・グラントとサンドラ・ブロックのラブコメなら英語でもいけるだろう!と思ったのが大間違い!さっぱりさっぱり内容がわからなかった。もちろん、映画だから何が起こったのかはわかる。でも内容がさっぱりわからなかった…。これって深刻。そして落ち込み。
 今日字幕でみてこんな話だったのね〜と納得しました。オープニングで主演二人の本当の小さい頃の写真がいくつもでてくるのが一番楽しかったかも。二人とも昔から変わってない。すぐわかって笑えたよ。
[PR]
by shiupoo | 2005-03-18 14:41 | 映画
c0075142_14432817.jpg

 実在した画家ジャクソン・ポロックの物語。主演は私の好きなエド・ハリスと、この役でアカデミー賞助演女優賞をとったマーシャ・ゲイ・ハーデン。
 画家に詳しくないわたしでもポロックという名前は聞いた事がある。そして彼が描いていた絵も見覚えがある。それだけで、どういう人なんだろうっていう興味がわいてきた。そしてやっぱり天才と呼ばれる人には何かがあるなーと思った。傷とか弱みとか、まとめて”問題”といってしまうけど、その問題っていうのはその人を形成する上できっと必要なものの気がする。それがなきゃ天才とは言われなかったというか、きっとそれが人を引きつける何かを生み出すのかなと思っている。話が曖昧すぎるかもしれないけど。
 そいう”問題”を持ってない私は天才の素質なしだなーと改めて思うのです。
[PR]
by shiupoo | 2005-03-08 14:46 | 映画
c0075142_15284597.jpg

 ジョセフ・ファインズが怖かった。
あーいう顔は基本的に好きじゃないというのもありで、ますますアップが怖かった…。
 でも話は面白かったです。殺人の罪で刑務所に入っていた男の人が、出所したのをきっかけに自分の人生を見つめ直すお話。刑務所にいる間に手紙を送ってきた見ず知らずの男の子とのやりとりがキーポイント。
 久々にメアリー・スチュアート・マスターソンを見た。年とったな〜。こないだ『恋しくて』を見たばかりだからよけいかな…。

日比谷シャンテシネにて上映中
[PR]
by shiupoo | 2005-03-04 15:28 | 映画

『オペラ座の怪人』

c0075142_15305482.jpg

 これだけ有名なお話なのに、実際ちゃんと目にしたのはこれが初めてでした。
 ひたすら華やかな映像でした。ファントムの悲しみがメインというよりは、ファントムと普通の人であるラウルとの間で揺れ迷うクリスティーヌがメインという感じでした。本もそうなんでしょうか?
 二時間半も歌で映画を見ていると、残るものは歌ですね。見てからずっと使われいていた曲が頭から離れません。中途半端に頭に流れているから、聞きたくなってしまいます。HPとかで聞けるのを聞いたりして、「これこれ!」とか思ってます。これはもうはまっているということなんでしょうかね〜〜〜。

TOHOシネマズ他にて上映中
[PR]
by shiupoo | 2005-03-02 15:30 | 映画