シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2008年 04月 29日 ( 1 )

名作劇場第2弾を開催しました。

『2001年宇宙の旅』
あの曲がこの映画の曲とは知りませんでした。
そして開始3分間画像なし、25分間台詞なし。
いったいどうなることやらと思いましたが、面白かったです。
宇宙奇麗でした。
そして2001年が遥か未来の時に作られた映画を過去の年として感じる今、初めて見るという感覚の不思議さを楽しみました。
c0075142_14203173.jpg

『甘い生活』
顔の区別がつかなくてちょっと苦労しました。
一見幸せそうに見える人が苦悩していたり、くだらないゴシップにふりまわされたり、やりたいことと今ある仕事の間でゆれたり、人の悩みは変わらないもので、環境や状況はまったく違う世界の話でも共感できたりするのが面白いな。
こちらもBGMがクラシック。なじみのある曲が映画で普通に使われているのが不思議。
c0075142_14203869.jpg

『気狂いピエロ』
えっ、またジャン・ポールなんだと思ってしまいすいません。
やっぱりかっこよくないんだけど、ダメ男っぷりが似合うと思えるようになってきました。『勝手にしやがれ』は全然可愛そうとか思わなかったけど、こっちはなんかちょっと悲しかったです。
c0075142_14204521.jpg

前回の名作劇場のエンディングテーマは「海」。
今回は「視線」。
なのにいつもゴダールだけは違うんだよなー。
と独り言。
[PR]
by shiupoo | 2008-04-29 23:59 | 映画