シネマ日記


by shiupoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
全然予備知識が無かったので
主人公の声が森本レオでびっくりしたっ。

今人気のあるアニメの原点って感じだろうか。
昔見たらきっと良さがわからなかったなと思う。
今もココがこう良い!っていうのは
よく分からないんだけど。

でもとにかく
私は宇宙に行けたことで満足です!
宇宙からの画は無条件で感動しちゃうんだよな。


最後いろーんな絵が
目まぐるしく続いているけど、
あれは
人類の歴史??
c0075142_224546100.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-10-08 22:33 | 映画

『ハート・ロッカー』

キャスリン・ビグローが
女性初のアカデミー監督賞を受賞した作品。
ジェレミー・レナー出世作。
アメリカ軍の爆弾処理班というほとんどなじみのない
彼らの世界は、緊張感がすごいので
釘付けで見てしまうけど、大きく感動する話ではなかったな。
政治的要素も苦手なのでよくわからないし。
でも最後まで集中して見てしまう作品でした。

彼みたいにあーいう世界でしか
生きられない人っているんだろうな。
c0075142_22333814.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-09-23 22:22 | 映画
今更ながらやっと見た。
戦争の生々しさがきつかった。
4兄弟の3人が戦死という報告書を見たお偉方が
最後の一人を戦地から連れ戻そうとする話。
その任務を受けた兵士達の物語。

あんなにずっと怯えていたアパムが、最後に
一度救った敵を殺す所が印象的だった。。

ライアンは自分を救う為に死んだ人たちの分も
生きなきゃいけなかったんだね。

こういうお話って
いったい何が正しい事なのか
わからない。
頭の中をいろんなことがぐるぐるまわる。

結局戦争がなければいいってことには
なるんだけど、
戦争があるから生きて行ける人たちも
世界のどっかにはいるんだよね…?
c0075142_2222788.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-09-21 22:11 | 映画

『サマーウォーズ』

スケールがでっかいのに
家族の話が中心にある
誰でも感動しちゃう話です。

頼りない主人公の成長物語は
たくさんあるはずなのに
それでもやっぱり応援したくなるのは
鼻血出す程必死だったりする
その表現方法なんだろうか。
それともその前にもう世界に入り込んでるってことなんだろうか。

世界中のひとたちが
自分のアバターを差しだしてくれるところは
震災の時にいろんな国の人たちが
日本に向けてメッセージを発してくれたり
支援してくれた感動に似てる。

ふと今
そんな風に思いました。
c0075142_22103254.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-09-16 21:57 | 映画

『トイ・ストーリー3』

予告を見た時ホントにかわいくて
3Dで映画館で見る〜なんて思ってたのはいつのことやら。

やっと録画した2Dを家のテレビで見ましたw

最初に見たときもそうだったけど
見るとやられる可愛さ。

そして最後は特におもちゃの話とは思えないスケールでした。
感動だったし、ホント可愛かったし。
いい子にもらわれてよかった☆
c0075142_21565753.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-09-16 21:47 | 映画
『ウエスト・バンク・ストーリー』アメリカ
イスラエルとパレスチナの争いをミュージカルコメディーにしたアメリカの作品。
うーん、複雑w
でも最近この問題の背景を少しばかり理解したところだったから
面白く見れた。
ロミオとジュリエットの要素はストーリーになりやすいね、ホント。

『ピックポケット』フランス
4本の中で一番好み。
スリと口のきけない子供のヒューマンドラマ。
短い中にちゃんと考えさせる内容が入ってるんだなー。
キャラがかわいらしい。
まぁこういう時被害者の事ってあんまり考えられないんだな。。。

『おもちゃの国』ドイツ
そうきたかー!と。
この短さですっごいドラマ。
ナチが絡んでるだけで、多くを描かなくても
想像出来る部分がすごい大きいし深い。
すごいわ。

『ゴッド・オブ・ラブ』アメリカ
ある日突然、キューピットの矢を手に入れた主人公が
想いをよせる彼女に撃ってみることにしました。
キューピットの矢は大切なひとのために使うんだね。
「都合のいい“物”を良心を元に使う所がポイントだね。」
ってメモを自分で書いてなんのことやら
思い出せないw
もっかい見ないとf^^;

4本とも面白かったです。
短編のレベルってどんどんあがってるんだなー。
[PR]
# by shiupoo | 2013-09-16 21:36 | 映画

『地下室のメロディー』

アラン・ドロンを見てみよう第2弾

もっとスマートな役をやってた人なのだと
誤解してました。
『太陽がいっぱい』もそうだったけど
ワルwの役なんだな。
よくしゃべる、貧乏、ガラ悪い、無鉄砲
でもちょーーイケメンで一途?的なw

ほんとに綺麗な顔してると思うけど、
一緒になんかするのはやだなー
絶対トラブルメーカーだもん。


あのテーマ曲はこの映画のだったのね!
というくらい聞き覚えのあるテーマ曲でした!
♪チャッチャチャララッチャー
(って書かれてもわからないよなw)

最後のプールに札束のシーンは
なんかその後いっぱい真似されたんだろうなーって
思いました。

あと鏡を使ったショットがお気に入りだったもよう。
鏡の前にいる人と鏡越しの人というシーンが
何度も出てきた。


その後彼らはどうしたのでしょうか。。。
c0075142_1341090.png

[PR]
# by shiupoo | 2013-09-05 12:52 | 映画

『母なる証明』

母、踊ってます。

事実は意外だったし、
なんか丸く収まってる風で
なんだか誰も幸せになってないようで。。


踊りですべてを
浄化してる感じ。

そういうのは好きだし
印象的だけど、
さて、踊り終わったあとは
どうなるのだろうか。
c0075142_11584866.jpg

[PR]
# by shiupoo | 2013-09-01 22:46 | 映画